遣り方 新築工事の最初の仕事

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

さてさて現場では着工して一番最初にする工程、遣り方が行われています。実は遣り方ってこの仕事を始めた時(かれこれ20年前になります、時の経つスピード恐るべしデス)はいまいちピンとこなかったんですが、基礎工事をする際に、目印となる建物の位置や高さの基準となる大切なモノです。木の柵みたいに見えるのがソレです。

どうやって目印を確認するかといいますと、前述の木の柵みたいなモノに、建物の位置の場合は墨でしるしをしておきます。高さの場合は木の柵は水平になる様に設置されてますので、それからどれくらい下がった所が基礎の高さかを明記しておきます。建物を建てる前の敷地は、当たり前ですが基本的には何も目印になるものがないので、こうやって仮設の目印を作って工事は進められていきます。ここで、位置や高さを誤ってしますと取り返しのつかない事になるので、何度も確認をしながら慎重に作業は進められます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

「遣り方 新築工事の最初の仕事」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。