カテゴリー別アーカイブ: イベント

緑をめでるお家 完成見学会【予約制】のお知らせ

緑をめでるお家 完成見学会【予約制】

2018年11月10日(土)11日(日)17日(土) 18日(日) 9:30~17:00

田辺市上秋津

完全予約制 

※詳しい場所はご予約後にご案内させて頂きます

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

谷中幹工務店 完成見学会
かねてより工事を進めている家が間もなく完成しようとしています。それにともないまして、完成見学会を催させて頂きます。
歩きながらや立って見学するのではなく、ゆったりとご自分の家のように感じて頂きたくと1組1時間ほどのお時間を設けました。ぜひ、ソファに腰掛けたり、デッキに座ったりと、ご自分の好きな居場所をお探し下さい。

時間は全日程
9:30 11:00 13:00 14:30 16:00
ご都合のよい時間をご連絡下さい。
お問い合わせ
https://taninakamiki.com/contact/

ご予約情報 10月23日

9:30 11:00 13:00 14:30 16:00

10  ×   ×   ×    ×    ×

11  ×   ×   〇   ×    ×

17  〇   〇   ×     ×    ×

18  〇   〇   〇   ×    〇

 

 

夕日に染まるそとん壁 外構工事真っ最中
夕日に染まるそとん壁 外構工事真っ最中
内部はタイル工事も終わり、次は建具屋さんの出番を待つばかり
内部はタイル工事も終わり、次は建具屋さんの出番を待つばかり

日々の豊かな暮らしぶりを大切にする事を重きをおいてますが、その為には表面に現れるものだけではなく出来上がると見えない内に秘めるこそが重要と考えてます。うちに秘めるものとは地震に対して安全で、冬夏が快適に過ごせる事ではないでしょうか!?
どうやったら地震に強い住まいになる?
どうやったら冬暖かく夏すごしやすい家になる?
その『どうやったら』を知って頂いて住まいづくりの参考にして頂ければと考えてます。ひとつでもおおくの『どうやったら』の判断基準のモノサシを得て頂けると幸いです!

こちらのお家は自然素材を使いながら、構造計算による耐震等級3や温熱解析ソフトによるUa値0.41 現場での気密検査の結果は0.2と耐震性、温熱性ともに高いスペックの建物です。
しかし、それも豊かな暮らしの底支えをする一つ一つの要素でしかありません。これからの安心した豊かな暮らしを受け取る器である家についてのひとつのご提案をご覧ください。

1家族につき1時間程度を予定しています。ご希望の日時を第1~第3希望までの日時をお知らせください。予約枠が埋まり次第ご案内は終了させて頂きます。他の方とご希望の時間が重なってしまった場合には先にご予約頂いた方を優先いたいますので、ご了承ください。もし、第3希望まで重なってしまった場合にはこちらから改めてご連絡させて頂きます。

ご予約は こちら 
お電話は tel 0739-35-0710

 

家は暮らしを受け取る器

お家は暮らしを受け取る器です。人が暮らして初めて住まいとなります。今回予約制にさせて頂いたのは普段暮らすようにゆっくりとご覧になって頂いたいからです。ソファやダイニングチェアに腰掛けたり、和室であぐらをかいてみたりと過ごし、暮らしを感じて頂だいてご自分の暮らしのイメージづくりに繋がれば幸いです。

今回の見学会でお伝えしたい事

日々の豊かな暮らしぶりを大切にする事を重きをおいてますが、その為には表面に現れるものだけではなく出来上がると見えない内に秘めるこそが重要と考えてます。うちに秘めるものとは地震に対して安全で、冬夏が快適に過ごせる事ではないでしょうか!?

どうやったら地震に強い住まいになる?

どうやったら冬暖かく夏すごしやすい家になる?

その『どうやったら』を知って頂いて住まいづくりの参考にして頂ければと考えてます。ひとつでもおおくの『どうやったら』の判断基準のモノサシを得て頂きたいです!

ご予約は こちら
お電話は tel 0739-35-0710

どうしてお伝えしたいか?

改めまして谷中幹工務店の谷中伸哉です。私ごとですが、一級建築士の合格が決まった時はそれは嬉しかったです。それはもちろんそれまでの努力が実った喜びもありますが、それより大きかったのはこれからは自分の好きな分野、つまり木造住宅だけを学ぶ事が出来ることへの喜びでした。残念ながら一級建築士の試験では木構造や住宅について勉強する分野は限られ、鉄骨造や鉄筋コンクリート造や大型建築物に対するものがほどんどだったからです。(そうだったらなんで一級建築士を目指したのってのは置いておいて(笑))

合格後、それからは様々なセミナーや勉強会に積極的に参加し木造住宅について学びました。木構造や温熱、設計やデザインと書籍だけではなく実際に第一線で活躍されている方の公演を伺ったり、時には実際にお話せさて頂きながら、自分の中での木造住宅の判断基準のモノサシを確かめてきました。どの分野でもそうだと思いますが、凄い方ってのはその知識を惜しみもなく伝えて下さいます。個人の損得ではなく木造住宅業界全体が良い方向に進むように導いて下さいます。真摯に木造住宅に取り組んでらっしゃる方はたくさんいらっしゃって、その建築愛に触れる事が出来たのも学びの場での大きな糧です。

気が付けばこの仕事を初めて20年、そうやって学んだ事や感じた事を僭越ながら伝える側にまわれないか!?と考える様になりました。住まいづくりは悩みの連続かもしれません。今度は私の番。それまで学んだ事を少しでもお伝えしたいです。当地方に暮らしを楽しめる住まいが増える事の一助になれば幸いです。

ご予約は こちら
お電話は tel 0739-35-0710
見学会で知ってもらいたいお家を建てるのに覚えて欲しい6つのポイント

1.木造住宅でも構造計算を行って、きちんと根拠のある地震に強い建物をつくろう! ○○工法だけでは地震に強い家にはなりません。

2.断熱性能は断熱材の性能だけではありません。コストパフォー何すに優れた高断熱住宅とは!?

3.気密は現場力です。気密施工の勘所をお伝えします

4.暮らしやすい間取り あるべき場所にあるべきものを

4.デザインし過ぎない事がデザインになる

5.自然素材との付き合い方 メリットデメリットを知って上で一生のお付き合いが出来るかがターニングポイント

6.住まいづくりに関わるお金のお話。

売り込みは致しませんのでご安心下さい。私が教えて頂いた事やそれについて咀嚼し得た判断基準となるモノサシを知って頂けばと考えてます。予約が一杯になった時点で終了とさせて頂きます。

ご予約は こちら

お電話は tel 0739-35-0710
Q&A

Q.その日程では都合がつかないのですが、別の日に見学させて頂く事は可能でしょうか?

A.他の日でもご案内出来る事もありますので、お問い合わせ下さい。こちら

Q.小さい子供がいてるのですが、見学は可能でしょうか?

A.申し訳ありませんが、未就学のお子さんのご見学はご遠慮お願いします。

最後まで長文を読んで下さってありがとうございます!

10月20日 BRIDGE(ブリッジ)やります。 多業種無料相談会

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。雨のおおさにヘキヘキしてますが、ただいま進行中の現場は大詰めを迎えてます。来月には予約制ではありますが、完成見学会を催せればと思ってます。近日中に日時はお知らせさせて頂きます。ご興味のある方はご連絡頂きましたら、事前にお知らせします!

内装工事まで完了
内装工事まで完了

さて、来週末10月20日10時~16時に第3回となりますイベント『BRIDGE(ブリッジ)』参加させて頂きます。色んな分野の専門家が一同に集まっての無料相談会です。個別でもいいですし、専門家がチームを組んで相談させて頂くことも出来ます。営業活動の一環では?と言われてしまえば全否定は出来ませんが(笑)少しでも困り事の解決の糸口になれればと思ってますので、売り込みはいたしませんのでお気軽にお越しください。前回のように愛蔵書を持っていかせて頂こうと思ってます。

今回はミニセミナーのお時間も頂いてまして、どのテーマにしようか悩み中。そろそろ決断しないと(汗)

会場は高垣工務店さん内のシリコンBar 他の工務店に出向くのは少々緊張しますが、前回のブリッジで高垣工務店さんのスタッフさん達と交流させて頂いたので大丈夫でしょう笑

BRIDGE(ブリッジ)のFBページは こちら

BRIDGE(ブリッジ)ご案内
BRIDGE(ブリッジ)ご案内

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

梅雨空 ふたたび 今週末はイベント『BRIDGE(ブリッジ)』

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。もうすぐ、足場がとれるってタイミングで天候などの影響で足踏み。早く足場がとれてスカッとしたのを見てみたいものです。

あとはそとん壁の上塗りを待つばかりの現場の画像
あとはそとん壁の上塗りを待つばかりの現場

奥に控える山は当地方のソウルマウンテンともいえる『高尾山』東京のではありません(笑)梅雨らしいどんよりとした曇り空。そとん壁は乾いている途中で雨が掛るのはNGなので、微妙な天気予報の時は出来ないです。天候ばかりはどうにもならないので、あせらずじっくり造っていこうと少々開き直ってますww

そとん壁については こちら

さて、週末6月17日10時~16時には参加させて頂きますイベント『BRIDGE(ブリッジ)』が行われます。前回はヒマを持て余すのかな!?なんて思っていたのですが、思いのほか来て頂けまして有難かったです。営業活動の一環では?と言われてしまえば全否定は出来ませんが(笑)少しでも困り事の解決の糸口になれればと思ってますので、売り込みはいたしませんのでお気軽にお越しください。前回のように愛蔵書を持っていかせて頂こうと思ってます。

イベント『BRIDGE(ブリッジ)』については こちら

6月17日 BRIGE(ブリッジ)
6月17日 BRIGE(ブリッジ)

いよいよワールドカップも始まりました、眠れない日が続きそうです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

イベントのお知らせ ヒト・マチ・ミライをつなぐブリッジ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今回は告知! 2月18日に第1回がおこなわれましたイベント『ヒト・マチ・ミライをつなぐブリッジ』の第2回が開催される事となりました!今回の開催日時は下記の通りです。

日時 :2018年6月17日(日)10:00~16:00

場所 :下万呂 一刻館さん 田辺市下万呂30

相談というと敷居が高いかもしれませんが、暮らしの事や建築の事なんかを雑談出来たらと思ってます。当日は私の愛蔵書なんかも持って行って見て頂けたらなんて思ってます。限定サンドイッチや限定焙煎のコーヒーなども用意してくれてますので、どうぞ遊びに来て下さい!

ブリッジH・P

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

Replan リプラン関西

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

昨日Replanリプラン関西と言う雑誌が発売されました。こちらは北海道の出版社さん(株)札促社さん が発刊されている高性能住宅専門の住宅雑誌となりまして、北海道や東北など寒~い地方で定期的に発刊されてますが、そしてついにその関西版がラインナップに並びました。専用のサイトもありますので、書店やコンビニで見つけられなくても購入可能ですので良かったら手に取ってみて下さい。(当工務店も掲載されてます(笑))

Replanリプラン関西

今週末に控えたイベント ブリッジに間に合ったので先着10名様にプレゼントしますので、お気軽にどうぞ!

Re-barrackさんの2階で2月18日10時~16時です!

ブリッジ

なんだか、リンクばっかりのブログとなってしましまいたが、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

完成見学会 11月4日(土)5日(日)に行います!

暮らしを考えたお家 完成見学会

2017年11月4日(土) 5(日) 10:00~17:00

田辺市南新万

完全予約制 

※詳しい場所はご予約後にご案内させて頂きます

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。住まい手のご厚意により行わせて頂く『完成見学会』の日程が決まりました!最近の長雨の影響をモロ受けて外回りの工事の進捗が芳しくないのが気がかり!?ですが、上記日程で行います!

1家族につき1時間程度を予定しています。ご希望の日時を第1~第3希望までの日時をお知らせください。予約枠が埋まり次第ご案内は終了させて頂きます。他の方とご希望の時間が重なってしまった場合には先にご予約頂いた方を優先いたいますので、ご了承ください。もし、第3希望まで重なってしまった場合にはこちらから改めてご連絡させて頂きます。

ご予約は こちら 
お電話は tel 0739-35-0710

 

家は暮らしを受け取る器

お家は暮らしを受け取る器です。人が暮らして初めて住まいとなります。今回予約制にさせて頂いたのは普段暮らすようにゆっくりとご覧になって頂いたいからです。ソファやダイニングチェアに腰掛けたり、和室であぐらをかいてみたりと過ごし、暮らしを感じて頂だいてご自分の暮らしのイメージづくりに繋がれば幸いです。

今回の見学会でお伝えしたい事

日々の豊かな暮らしぶりを大切にする事を重きをおいてますが、その為には表面に現れるものだけではなく出来上がると見えない内に秘めるこそが重要と考えてます。うちに秘めるものとは地震に対して安全で、冬夏が快適に過ごせる事ではないでしょうか!?

どうやったら地震に強い住まいになる?

どうやったら冬暖かく夏すごしやすい家になる?

その『どうやったら』を知って頂いて住まいづくりの参考にして頂ければと考えてます。ひとつでもおおくの『どうやったら』の判断基準のモノサシを得て頂きたいです!

ご予約は こちら
お電話は tel 0739-35-0710

どうしてお伝えしたいか?

改めまして谷中幹工務店の谷中伸哉です。私ごとですが、一級建築士の合格が決まった時はそれは嬉しかったです。それはもちろんそれまでの努力が実った喜びもありますが、それより大きかったのはこれからは自分の好きな分野、つまり木造住宅だけを学ぶ事が出来ることへの喜びでした。残念ながら一級建築士の試験では木構造や住宅について勉強する分野は限られ、鉄骨造や鉄筋コンクリート造や大型建築物に対するものがほどんどだったからです。(そうだったらなんで一級建築士を目指したのってのは置いておいて(笑))

合格後、それからは様々なセミナーや勉強会に積極的に参加し木造住宅について学びました。木構造や温熱、設計やデザインと書籍だけではなく実際に第一線で活躍されている方の公演を伺ったり、時には実際にお話せさて頂きながら、自分の中での木造住宅の判断基準のモノサシを確かめてきました。どの分野でもそうだと思いますが、凄い方ってのはその知識を惜しみもなく伝えて下さいます。個人の損得ではなく木造住宅業界全体が良い方向に進むように導いて下さいます。真摯に木造住宅に取り組んでらっしゃる方はたくさんいらっしゃって、その建築愛に触れる事が出来たのも学びの場での大きな糧です。

気が付けばこの仕事を初めて20年、そうやって学んだ事や感じた事を僭越ながら伝える側にまわれないか!?と考える様になりました。住まいづくりは悩みの連続かもしれません。今度は私の番。それまで学んだ事を少しでもお伝えしたいです。当地方に暮らしを楽しめる住まいが増える事の一助になれば幸いです。

ご予約は こちら
お電話は tel 0739-35-0710
見学会で知ってもらいたいお家を建てるのに覚えて欲しい6つのポイント

1.木造住宅でも構造計算を行って、きちんと根拠のある地震に強い建物をつくろう! ○○工法だけでは地震に強い家にはなりません。

2.断熱性能は断熱材の性能だけではありません。コストパフォー何すに優れた高断熱住宅とは!?

3.気密は現場力です。気密施工の勘所をお伝えします

4.暮らしやすい間取り あるべき場所にあるべきものを

4.デザインし過ぎない事がデザインになる

5.自然素材との付き合い方 メリットデメリットを知って上で一生のお付き合いが出来るかがターニングポイント

6.住まいづくりに関わるお金のお話。

売り込みは致しませんのでご安心下さい。私が教えて頂いた事やそれについて咀嚼し得た判断基準となるモノサシを知って頂けばと考えてます。予約が一杯になった時点で終了とさせて頂きます。

ご予約は こちら

お電話は tel 0739-35-0710
Q&A

Q.その日程では都合がつかないのですが、別の日に見学させて頂く事は可能でしょうか?

A.他の日でもご案内出来る事もありますので、お問い合わせ下さい。こちら

Q.小さい子供がいてるのですが、見学は可能でしょうか?

A.申し訳ありませんが、未就学のお子さんのご見学はご遠慮お願いします。

最後まで長文を読んで下さってありがとうございます!

足場とれました! 完成見学会を行えそうです!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日待ちに待った日が来ました、外部足場の解体です。この前と後ではお家が見違えるようにスッキリするので楽しみにでなりません。はやる気持ち抑えて(笑)工程の組んで残工事がないかと確認をして迎えたこの日。まだまだ外部工事は残っていますが、う~んスッキリです!

そとん壁W129の施工例の画像
足場がとれた現場。スッキリです。

こちらの敷地は第一種低層住居専用地域といいまして、建物の高さについて厳しい条件があります。その為もあって高さは抑えたお家となっていますが、やはり高さを抑えた佇まいは美しい。この辺りは建築家 伊礼智さんが学校長の『住宅デザイン学校』で学んだ事です。学んだ事をこうやって実践できる喜び。住まい手との価値感の共有があってこそです!外観の色使いもかなり伊礼さん寄りです!?伊礼さんありがとうございます。拝借させて頂いてます。

住宅デザイン学校についての記事は こちら

そんな住まい手が『もっとたくさんの人にこういう家の良さを知って欲しい』とおっしゃって下さいました。なんだかジ~ンとしちゃいました。実は今回のお家は住まい手のご厚意で完成見学会を開催出来そうです。普段なかなか完成見学会を開催してなくて、そう行った所は私たちのダメな所だな、もっと知って頂ける機会を設けないとと考えていたので、有難い限りです。ですので、今回思い切って!?完成見学会を開催します!

まだ未定の話で告知とはなかなかですが(笑)11月上旬に行えるよう、目下調整中です!少しでもご興味のある方はお気軽にお越しください。売り込みはしないですが、困っている事や悩んでいる事については私で良かったらお答えさせて頂きます。もし、プロの方でご覧になられたい方がいらっしゃったら、一般の方とは別の日で御案内出来たらと思ってますので、お申込み下さい。きちんと日程が決まったら改めてお伝えしますのでよろしくお願いします。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

完成見学会 事前予約は こちら

ご自由にお持ち帰り下さい市やってみました! OB住まい手との交流

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

先日の土曜日、『ご自由にお持ち帰り下さい市』を行いました。急な告知での開催でまたマニアックともとれる企画!?だったので来てくれる人はいてるかなぁなんて、この案の発案者でもある大工さんをしてくれてる実弟と話してましたが、10時半過ぎから途切れる事無くやって来て下さいました。お越し下さった皆さんありがとうございました。

その記事はこちら 木づくり 木を建材にする 『ご自由にお持ち帰り下さい市』行います!

OBの住まい手さん達もたくさん来て下さって、実際に住まわれてるお家の木材達がどのような過程をへて行っているか!なんかを改めて加工に使っている機械なんかをふまえながらご説明出来て、またお家への愛着が深まってくれた事でしょう~多分きっと(笑)

OBの住まい手さん達が喜んで下さっている所を目の当たりにして実弟大工さんも嬉しかったようで、普段私はそういった機会に触れる事はあるのですが、大工さんはお家の完成を前に現場を後にするためそういった機会が意外と少ない分、私も嬉しく思いました。イベントってなかなか敷居が高く感じてあまりと言うかほとんど出来てなかったのですが、OB住まい手との交流の場をこれを機会に増やしていければと思った次第です。いい住まい手にご縁を頂いている事の有難さを改めて噛みしめさせて頂きました!

山積みだった木もほとんど新しい所に嫁いで行きました!みんな大切にしてもらうんだよ!

使用前

使用後(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

木づくり 木を建材にする 『ご自由にお持ち帰り下さい市』行います! 

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

僕たち木の家づくりを行っている工務店は構造材と言われる骨組みはもちろん造作材といわれる建具の枠など室内の見える部分にも木を使っていきます。それらの木は製材所さんからやって来るのですが、そのまま建築現場に行く事はなく一旦、大工小屋といわれる所にやってきます。

やってきた木は荒木といわれる状態で、表面は削ってないのでザラザラですし寸法もあらかじめ決められたものだったり、角も直角でなかったりなのでそのままでは建築用材つまり建材として使えないのです。それらを大工小屋で大工さんが木の目や癖をみながら必要な寸法に削り直したり、直角をだしたり、そして大工さんといえばの道具、カンナで削ったりして表面をツルツルにして建材へと生まれ変わらせるのです。それらをへて、建築現場にやってきた木、建材はお家で新しい人生!?を送り始めるというわけです。

構造材と造作材に杉を使用した空間。

その時にどうしても材木屋さんの規格の寸法と現場で必要な寸法の違いから木が残ったりしますが、また使えるようにと大切に保管したりして使っていきます。こんな感じで大まかなサイズで整理してあります。

出番を今か今かと待ってる木さん達(笑)

しかし当工務店の大工小屋は狭くてそろそろ一杯になってきてしまいました。
そこで急ですが、ここからはイベントの告知です(笑)そんな木たちをご自由にお持ち帰りして頂ける場を設けたいと思います。あまり長いものなどはないですが、木工用などにどうぞ、どなた様でもお子様連れでも大丈夫ですので、ご興味あるかたはぜひお越し下さい!
ご希望があれば簡単なカットも行いますよ~

ご興味のある方は こちら にどうぞ!

パナソニック おウチまるごとフェアin田辺 2011

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日は暖かくてすごく過ごしやすかったですね。

さて、明日、明後日とハナヨアリーナ多目的ホールで行われます。パナソニック おウチまるごとフェアin田辺に僕達もブースを出して参加します。先ほど設営を終えてきました。

開催中は僕が常駐しますんで良かったら遊びに来て下さいね!

田辺市を中心に奮闘中、谷中幹工務店2代目(予定)谷中伸哉のブログ


最後まで読んで頂いてありがとうございます。