カテゴリー別アーカイブ: 杉

軒天の仕上げ方 木(杉羽目板 本実加工)とケイカル板

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。ただいま建築中のお家、外部工事も進んで来ておりまして軒天の 『杉 上小材羽目板』も順調に張られていっています。昨日の夕方、西日を受けたのが綺麗で思わずパチリ(笑)

外観の印象を決めるもの 佇まいや外壁材や屋根材と、いくつかありますが軒天も大切な要素のひとつです。今回のテーマは『軒天』です!

杉 上小材羽目板を張った軒天の画像
杉 上小材羽目板を張った軒天

軒天(のきてん)とは

軒裏(のきうら)とも呼ばれます。地上から屋根の裏側を見上げた部分をさします。タルキを見せる仕上げとタルキを隠しす仕上げがあります。今回のお家はタルキを隠した仕上げ、下の画像はタルキを見せる仕上げ方です。与える印象は随分と変わってきます。タルキを見せる仕上げ方の場合は屋根の通気のとり方に工夫が必要となってきます。

化粧タルキを見せた軒天
化粧タルキを見せた軒天

仕上げ材の種類 木とケイカル板

隠す場合も今回のように木を使用する場合と『けいさんカルシウム板』通称ケイカル板を使用する場合とがあります。準防火や防火の指定を受けていると木は使えないですが、そんな時はケイカル板の出番となります。ちなみに田辺市やその近郊市町村の場合は木は使用することができます。

ケイカル板のメリットは防火性が高い事とコストパフォーマンスに優れている所です。しかし、木の美しさも捨てがたい。悩ましいところです。下の画像は白いそとん壁に白く塗装したケイカル板の外観です。すっきりとした好きな組み合わせの一つです。そとん壁についてはリンクをご覧ください。詳しく書いた記事となります。

軒天にケイカル板を張ったお家
軒天にケイカル板を張ったお家

木 羽目板とは

天井(今回の場合は軒天)や壁の板張りに使われる板のことです。板と板の接合方法には、本実(ほんざね)雇い実(やといざね)相しゃくり などがあります。今回は板を留めつける釘が見えない本実(ほんざね)加工を施した板を使ってます。

本実加工 凸凹してます。

本実加工とは下の画像の様に、板をくっつける時に板同士がかみ合う様に、板のそばに凸凹の加工がしてあるものです。床板にも、同じ加工がされているのが一般的です。

本実加工 凸凹をほどこした羽目板
本実加工 凸凹をほどこした羽目板
本実加工 凸凹がくっつくいた状態
本実加工 凸凹がくっつくいた状態

本実加工を行うと凸の部分に釘を留めつけてから、凹の部分を差し込んでいくので、留めつけた釘が見えなくなるのが特徴です。羽目板だけのすっきりとした雰囲気となります。

凸の部分に施工された釘の画像
凸の部分に施工された釘

まとめ

一言に軒天といっても色々な仕上げ方があります。まずは屋根の通気をきちんと確保したうえで、どのような仕上げ方が良いか検討してはいかがでしょう? 軒天は意外と目に入るのでご自身のお好みをきちんと反映させたものをお薦めします。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

番付けと木くばり 杉化粧材を使う

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日、山長商店さんに行って来ました。山長商店さんは私たちの地元田辺市にある江戸時代から林業を営んでいるまさしく老舗です。老舗でありながら、最新の木材の乾燥技術を取り入れたりそれと一貫されたプレカットをされてまして、僕たち作り手である工務店には心強い存在です。

訪問目的は化粧材の番付です。建物の骨組みである柱や梁でそのまま内部の仕上げとして見えてくる部分を化粧材と呼び、番付けとは、それら見える柱(化粧材)にどの木を使うかをまた、どの面を見せるかを選ぶ作業になります。平面図でどの面が見えるかを確認して完成も想像し、実際に木肌の様子を見ながら一本一本選んでいきます。この作業はいつも親方と二人で行ってます。完成を想像しながら、ケンケンガクガク意見を交してやってます。

MOKスクールを主宰されていたMs建築設計事務所の故三澤康彦先生がその講義のなかで、番付けの事を気配りとかけて木配りておっしゃってましたが、この作業の僕たちつくり手の気持ちの本質を語っているようでいい言葉だと思いました。

化粧梁を決めて、次は化粧柱。もちろん良い木を出して頂いていたのですが、そんな時は僕も欲が出てしまいまして、もっとイイ木がないかなぁと、うんうん唸っていると担当の方が、再度他の木を出してくれるとの事。その心遣い、同じモノを作る者として嬉しい限りです。そして今回伺って決めて来ました木は、そんな欲張りな僕も満足の一品でした。棟上げの時にその梁や柱が組まれる姿を想像するとニヤついてしまいます(笑)

化粧梁
選ばれた化粧梁さん達。これからプレカットへと向かいます。 

改めて良い木が多くてきちんとした製材所がある和歌山って有難いです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

杉赤身一等材の外壁 自然の知恵を建物に

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

昨年から倉庫の新築工事を行っていました。15坪ほどあるのでなかなかのボリュームです。土間床であったり天井を張らなかったりなので、高さもグッと抑えた建物となっていまして、こんなボリューム感覚で平屋のお家を建てたいな という欲求がフツフツと湧いてます(笑)

外壁には杉材 赤身の一等を張っています。赤身材の美しさを再確認しているところです。今回は節のある一等材を使いましたが、色みが揃っているせいなのか、建物の雰囲気にあっているからなのか、良い佇まいを醸し出してくれてます。

杉赤身一等材の外壁の画像
杉赤身一等材の外壁

杉は中心部分の心材と外側に近い辺材では色目が大きく変わってます。心材は赤く、辺材は白いです。(余談ですが、源平合戦の旗印にならって心材と辺材が混ざったモノを源平といいます。)
杉は大きくなる過程で細胞分裂を繰り返していきます。そこで成長を終えた所は厳しい自然環境から身を守るために白から赤に変化していきます。そのため前述の如く 中心部分は赤く、周辺部分は白いのです。白い部分は成長を続けているところなのです。

心材は腐れなどに強く、良質な部分とされれいるのは、この為です。杉が自らの身を守るための変化を建物に分けてもらっているのですね。また心材は美しい色目を見せてくれる為杉赤身などと呼ばれ重宝されてます。当地方でも古くから外壁などに利用されています。

足場がとれて、敷地廻りの整地が進むともっとよい佇まいを見せてくれるでしょう。それまで楽しみはとっておきます(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

杉床板との久々の再開 養生とれました! 

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。工事は順調に進んでおりまして建具工事も完了し、只今美装工事の真っ最中です。ここまでくるとお家はほぼ完成。来週には住まい手による蜜蝋ワックス掛けが行われる予定です。そうなるとまたぐっと落ち着いた感じとなってくれるでしょう~杉床材は源平といって赤い部分と白い部分が交じっているものです。今ははっきりと違いが分かりますが、時間が経つにつれて馴染んでいきます。

空間も今はガラ~ンとしています。この段階では物足りないぐらいが丁度よくて、ここに家具が入ってくると色もアイテムも増えて行き、お家は住まいとなっていきます。

杉床板上小・ムジ材の画像
杉床板上小・ムジ材

養生が外されて杉床板とも久々の再会です。前にお会いしたのは確か9月だったような気がします(笑)1・2階とも杉床板ですが、1階は上小・ムジ材といって節があっても小さいモノ、2階は1等材といって節があるものです。その中でもよく見えるところには選別をして節が目立たないものを張ったりするのは造り手の心遣いです(笑)

杉床板について書いた記事は こちら

杉の床板はそのやわらかな歩行感が心地よいです。この辺りは実際に歩いてみないと分からないのでぜひ体感して頂きたいです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

杉床板張ってます!一等材と上小節材

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なんだか一気に過ごしやすくなってきて現場の大工さんも大喜びです!今はせっせと床板を張っていってくれてます。

床板は今回は杉材です。当工務店では良く採用される床材になります。紀伊半島の山では戦後の植林の関係で杉や桧を良く見かけます。その辺りは先日訪れた広葉樹が良くみられる信州と大違いです。実は杉は日本の固有種でもあります!そんな杉のフローリング(床板)はその暖かさと、心地よい歩行感(柔らかさ)が特徴で私の好きな素材の一つです。

木材はその節の大きさなどで等級が定められていたます。節のある一等から小節、上小節、ムジの順番に節が少なくなっていき、最後のムジは節が見当たらないものです。

節は木の生長の過程で枝が包み込まれたものです。節を少なくしようとすると、こまめに枝を落したりして手間を掛けた管理が必要となってきます。その分、一等材に比べて上小材やムジのものは費用が掛ります。

一等材が良いか上小材やムジ材が良いかは、素材としては変わりがないので、はっきり言って好みの世界です(笑)コストなども合わせて検討して頂けたらと考えてます。床材はお家の中で一番触れ合う大切な素材で、張り替えるのは大変なのでじっくりとお気に入りのものを見つけて下さい。

今の現場は一等材と上小・ムジ材を使い分けてます。一等材でもよく見える所は選別してきれいに見えるものを張っています。こちらはゴクゴク普通の一等材。

杉一等材床板の画像
杉材節のある一等材の床板

こちらは上小・ムジ材。少し節が入っているもので完全なるムジ材に比べてコスト的に抑えられます。選別をしてよく見える部分はほぼほぼムジ材の装いです!完成前には蜜蝋ワックスを掛けてしっとりとした感じに一等材、上小・ムジ材とも仕上がってくれます。

杉床材 上小・ムジ材の画像
床材 杉材の上小材とムジ材が混在したもの

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

杉白小巾板 天井仕上げ 

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はあいにくの曇り空、来週には台風がやってくるみたいですし、これからしばらくは台風情報とにらめっこです(汗)

さてお家づくりの現場では只今1階ダイニングの天井の真っ最中です。今回は杉白、小幅板を使ってます。杉は同じ機種でも芯の方の赤身(アカミ)と端の方の白太(シラタ)では風合が随分違ってきます。その最たるが色といえるでしょう。どちらが良いかと言いますか、適材適所で頑張ってもらってます。

余談ですが、赤身と白太が混じったものを『源平』と呼びます。これは源平合戦の源氏の旗印が白色、平家が赤色だった事からきています。運動会の紅白合戦なんかも由来は同じく源平合戦だそうで、この辺り歴史が感じられて僕好みです(笑)

杉白小幅板天井仕上げの画像
杉白小幅板天井仕上げ

現場に納品された木の中からさらに節のない白いものを選抜して張っていきます。いうなれば一軍さん達です!綺麗ですぇ~
最後まで読んで頂いてありがとうございます!

杉厚床板 浮造(うずくり)仕上げ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。さて、先日三重県の熊野市から野地木材工業さんがわざわざ来て下さいました。野地木材工業さんには屋根の化粧野地板や先日ご紹介しました階段材などでお世話になってます。
階段材の記事はこちら→綺麗な桧です!

いくつかカットサンプルもお持ち頂いたのですが、そのなかで僕の食指を特に動かしたのがこちら↓うずくり仕上げの杉厚床板です~

杉厚床板 浮造の画像
杉厚床板に浮造り加工を施したもの。

画像ではその良さが十分に伝えきれないのが残念です(涙)

浮造(うずくり)仕上げとは木目の柔らかい部分(春目)を磨いてへこませる事により、堅い部分(秋目)の木目を浮き立つようにした仕上げ方法です!木の表面を強くして傷が付きにくくする効果もあるとの事ですが、その際立った木目の美しさや、えも言えぬデコボコとした肌触りが魅力です!

また厚みは心地よさ抜群の30㎜!当工務店でも杉厚床板はよく張らせて頂いてるんですが、この魅力は画像や言葉では分かりづらいかもしれません。一度その杉厚床板の空間に身を置いて頂くのが一番だと思ってます。それらが持つ、温かさやさらっとした感触を感じて頂けるはずです!
画像では伝えきれないといいながら、以前施工しました完成画像はこちら(笑)

床板はお家の中でも一番触れる機会の多いものです。その良さや悪さなども合わせて気にいるモノを使って頂きたいです!あんまり難しい事を考えないで、手にとってビビっと来たものってのが一番いいかもしれませんけどね(笑)誰か浮造杉厚床板、使ってくれないかな!

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

杉床板 等級と生節と死節

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中です。
梅雨らしいパッとしない天気が続きます。この時期は毎度のことながら外部工事が思うように進まないのでヤキモキします(涙)しかし、お天気ばかりはどうしようもないですね・・

さて、現場では只今床張り工事が行われてます。当工務店では床板は無垢材を使います。最近は広葉樹が多かったのですが、今回は久々の針葉樹、杉材です。以前にもお話しいたしましたが、和歌山県、紀伊半島の山では杉を良く見かける事が出来ます。杉は日本の固有種で古くから和歌山県民だけでなく日本時に馴染みのある木といえるでしょう。そんな杉のフローリング(床板)はその暖かさと、心地よい歩行感(柔らかさ)が特徴で私の好きな素材の一つです。

また、木には節の量で等級が定められてます。一等、小節、上小節、無節という具合です。今回の床板はその中でも一等と言われる節が入ってるモノを使います。
そもそも節は枝が木の生長過程で包み込まれたモノです。木に枝がある様に節があるのもある意味自然な事かもしれません。現場にやってえきた杉達をみて、山ではどんな感じだったんだろうって考えると何だかワクワクしてきます。これは一種の病気ですね(笑)

その節にも生節、死節とがあります。生節はその名の通り生きたまま包み込まれたモノ、死節は枯れてから包み込まれたモノをさします。
死節はあとからポロッと抜け落ちる事がありますのでしっかりと補修してくれてます。
右から3番目の節が補修されたものです↓

t02200293_0480064012336982279

また同じ一等材でも色目や節の入り方は様々です。そこで張る前の全数検品が大切になってきます。全ての床板を一枚ずつ品定めして使う場所を決めていきます。一等材といっても綺麗な材も結構入れてくれてます。綺麗な床板は良く見える場所に、本来の一等材らしく節のある材は納戸や押入、あまり見えない所に使っていきます。
適材適所。節のある木もきちんと使う事が山を大切にする、維持する事に重要な事だと考えてます。そうやって山の木に対してお金を使う事で山を育てたりする費用が捻出される訳ですから。

こちらが綺麗な杉さん達

DSC_0374

でこちらが、一等材らしい杉さん達。

DSC_0378

検品後の手から杉のいい香りがしてました。これからその香りがお家を包み込んでくれるんでしょうね!

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

杉厚床板

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。5時を回ると真っ暗ですね。なんだか遅くまで仕事をしている気分になります。そう言えば、昔バックパッカーでヨーロッパを回った時にスペインのマドリッドでは午後9時でも明るくてビックリしたのを思い出しました。そしてその時、スペイン人の夜行性ブリも垣間見まして、私、衝撃を受けました。そりゃぁ、お昼寝も必要になります(笑)

さて、前置きが長くなってしまいましたが、現場では床板が張られました。この工程の飛びよう、いかにご紹介が遅れていたかを物語っています。床板は杉の1等材の厚板です。30ミリあります。さらに、今回は赤身勝ちのモノを指定してお願いしました!ですので、杉の割に色合いが比較的均一になってます。


この後、養生をしたので床は隠れてしまいましたが、その前にすこし歩いてみました。やっぱり、杉の床板は歩行感が心地いいですね~

最後まで読んで頂いてありがとうございます。